ES向上、CS向上、業績向上に繋がるシステムTeam Manager(チームマネージャー)とは

AI革命×働き方改革時代にも勝ち残る!

脱根性・脱エース頼み!会社と法人営業部を変えるSFA(Sales Force Assistant)
「Team Manager(チームマネージャー)」

営業現場の生産性を革新する

労働人口が減少し、人手不足が叫ばれながら、同時に働き方改革も進めていく必要がありますが、
御社の営業現場は生産性の向上、進んでいますでしょうか?

有給取得5日間取得の義務化は、有給取得への意識を喚起し、5日以上の生産性向上が必須となる会社も出てきています。
生産性向上は避けては通れない喫緊の経営課題です。

営業マン個人の工夫と気合と根性頼みでは、労働時間の削減分だけ売上が減少するという憂き目を見ることにもなりかねません。

また、約半数の職業がAIなどに代替されるとも言われるAI革命時代、
お客様との情報格差に頼った情報提供だけの手続き型営業は早晩AI・ITに代替されることにもなるでしょう。

今ほど、人間にしかできない付加価値の高い提案型営業スタイルの確立と、
生産性の向上を両立することが求められる時代はないとも言えます。
これこそ、現代の営業マネジメントの課題と言えます。

営業とは「業」を「営む」と書きます。
倒産理由の過半は販売不振であり、営業の不振は、最大の経営リスクです。
逆に、「売上はすべてを癒す良薬なり」と言います。

営業の立て直しは、最大の経営戦略

本SFA(Sales Force Assistant)「Team Manager(チームマネージャー)」では、この経営における最大のテーマである営業の質と生産性を向上させるための営業マネジメントに対する組織開発の考え方と業績を管理する手法をイノベーションさせます。

企業という組織は人で構成され、その組織に属す人が商品やサービスを生みます。

組織力を高める重要なポイントはチームワークとコミュニケーションです。

チームワークを革新する

仕事は組織で行います。チームワークが良くないと組織力は発揮できません。
リーダーとメンバー、メンバー同士、共に「良い人間関係」の職場を構築できていますか?

良い人間関係とは互いがリスペクト(尊敬、畏敬)し、互いが必要としている関係を言います。

このような関係にあると、個人よりもチームを優先するようになり、チーム目標にベクトルが向きます。
それだけでなく、互いが互いを気遣うことで、感謝と報恩の気持ちを持って仕事をすることになります。

結果、チーム目標が達成できます。

では、どうすればそのような良い人間関係の職場を作れるでしょうか?

「日報」の中に会社、チーム、個人が置かれている状況が現れます

ES向上、CS向上、業績向上に繋がるシステム「Team Manager(チームマネージャー)」では、日報を当日の業務報告だけでなく、自分の成長の記録と捉えています。
自分が今日、何をして、何を学び、何に気付き、今度どうしていくか? 更に明日すべきことの優先順位付けといったことを通して、上司や同僚と所感の交換というコミュニケーションを行います。

これにより自然と仲間意識が育ちます。

更に賞賛の仕組みである「アワードポイント」と感謝を伝える「サンクスカード」で更に、ミュニケーションとチームワークが革新されます。

ES向上、CS向上、業績向上に繋がるシステム「Team Manager(チームマネージャー)」を
構成する3つのプログラムの目的と内容

ESが向上するとCSが向上し、業績に繋がるということで3つのプログラムを作り、それを連携させました。

ES向上は働きがいと人財力を向上させることで可能となり、CS向上は、顧客への対応力を向上させることで実現できます。また、業績向上は
予算と実績を一致させることで可能となります。

業績向上に繋がる「案件管理」とは引き合いを案件にし、それをステップアップさせることです。

「予実先行管理」とはその案件をいつクロージングさせるかの作戦を立てて、毎月目標達成させることです。

更にチームワーク向上のための3つのプログラム

知恵袋は社内からナレッジを引きだす仕組みです。先輩から引き継いだ新入社員が客先で「前回と同じ」や「前にやった」と言われても解りません。
客先でスマホを使って、発信すれば、即答できます。

メッセージボードは連絡網と言えます。よくある「言った&言わない論争」や日報や商談履歴、案件管理の中で気付いたことを全員に共有することができます。

AWARDポイントは「サポートしてくれてありがとう」「素晴らしいアイデアだね」「改善してくれてありがとう」と言った「感謝と賞賛」のプログラムです。どんなことで感謝されたり、貢献したかを集計し、組織、個人毎のプロフィール(強味と弱味)を把握することができます。

プログラムの詳細

※IT補助金を利用しない場合はシステムの一部利用が可能です。お問い合わせください。

●働きがい&人財力向上
  TODO管理
  個人の業務及び行動管理
  マニュアル作成
  スマホによるマニュアル作成。印刷機能も備える
  マニュアルを使ったタスク指示
  何らかの作業指示をする際にどのマニュアルを使用して作業をするかを指示する
  スキルマップ
  マニュアルを使った業務遂行レベルを上長と本人によって到達時期とレベルを評価
  理念浸透
  経営理念の目的、社員がすべきミッションの目的や行動指針の詳細解説
  一学一践(※開発中)
  研修等の学びから何を実践するかを決め、それを目標期限通りに実行しているかを評価管理
  チャット機能付き日報
  業務内容把握、予定遅延管理、予定先行管理、所感共有などを記入する日報。誰でもコメントを付ける事ができるのでOJTに役立つ
  サンクスカード
  感謝と称賛を相互に送り合う仕組み
  改善(皆善)報告書
  業務改善提案をスマホでできる仕組み。誰が何回提案したか?またその改善内容をランキングすることで人事評価の参考資料となる
●顧客対応力向上
  お取引先情報
  仕入れ先管理ツール。資本金、年商などの会社概要や沿革、事業内容、設備などの他に締め日、支払い条件、手形サイト、支払日、
  与信限度額などのデータベース
  お客様カルテ
  お客様管理ツール。内容は仕入れ先管理ツールに準ずるが、商談履歴、交流情報、注意情報、与信情報、競合情報の他、お客様の
  先のお客様の情報も持てる
  商談履歴
  案件ごとの商談の履歴が残っていれば、内容を忘れることもなく、また引き継ぎも容易になり、上司同行もしやすくなる。
  更に失注、受注の振り返りも行える
●予算達成力向上
  案件管理
  営業の仕事は名刺交換から受注するまでのプロセスをステップアップさせること。そのプロセス(進捗状況、提案・
  見積など)を可視化し、管理共有でき、会議資料となる
  行動解析
  営業別に顧客訪問の状況(時間、頻度、商談の内容、対応状況)を分析できるので、それを基に営業の行動生産性を
  高めたり、見直すヒントになる
  予実先行管理
  予算と見込の差を自動計算で算出し、不足をどの案件のプロセスを進行させれば補えるかを可視化。数ヶ月先の目標差異を
  見て、事前に自発的に対策が可能
●ナレッジ活用
  知恵袋
  社内ナレッジ共有SNS
●連絡掲示板
  メッセージボード
  社内連絡ツール(全社、部署、グループ、個人への連絡)で、コメント交換機能装備
●組織・個人プロフィール把握
  アワードポイント
  感謝と称賛を12のカテゴリーでポイント付与。さらにその中で金銀銅メダルに値する感謝と称賛を選んで特別に伝える
  アワードポイント集計
  12のカテゴリの内、どのカテゴリでポイントを多く獲得しているか、またその逆を測定することで個人と組織の強み
  弱みを把握し、人事評価や表彰の参考資料とする



PAGE TOP