INFORMATION

テレワーク時代の質問方法

リアルな職場では、疑問が発生したら、目の前の上司、先輩、同僚に尋ねれば答えを貰えました。

テレワークではどうしますか?

電話は相手も拘束するので、しにくいですよね?

忙しい最中に電話して、そんなことも知らないの?と思われたくありません。

メールでは誰に相談すれば良いのかわからない上、返答もタイムラグがあります。

インターネットで検索するのも一つの手だと思いますが、

なかなかドンピシャの答えが見つからないですし、社内の事をインターネットで調べても答えはありません。

ライバルとの差別化をはかるための質問であれば、インターネットの情報はライバルもアクセスできる情報です。

ライバルと差別化を図る自社独自のノウハウではありません。

さぁどうしますか?

スピード&高品質な対応するためには、

必要な知識をすぐさま入手できる仕組みが必要

です。

Team Manager

知恵袋

がお役に立てます。

yahooやgooなどの知恵袋の社内版とお持って下さい。

会社の中には様々な部門があり、様々な人が様々な仕事をしています。

そこには仕事上の知識が獲得され、ノウハウとして蓄積されます。

その多様な知識やノウハウを必要に応じて得ることができれば、変化に対応するための質とスピードが得られます。

リアルな職場では、目の前の上司、先輩、同僚一人分の知識や経験に依存していましたが、

Team Manager

知恵袋

社内全員に質問を投げかけることができます

幅広い知識が入手可能になりますし、異なる視点からのアドバイスも得られます。

特に全く新しい分野に直面した場合、職場の先輩や同僚に聞こうにも、

誰がそれについて知っているのか、解らないという場面があります。

人間関係による知識のたぐり寄せには限界があります

知っていそうな人に聞く。

それを個人の人間関係によるのではなく、情報技術を活用し「組織」として行う

これが

Team Manager

知恵袋

です。

自社社員が持つ知識やノウハウの集積と整理の重要性を見直すチャンスです。

PAGE TOP