INFORMATION

テレワーク時代のサンクスカード

従業員同士、上司と部下など、お互いに感謝の気持ちを伝え合う制度として

サンクスカード

を導入している企業が多いです。

弊社顧問先や私が事務局をしている経営者の勉強会「APRA」においても導入されているところが大半です。

ザ・リッツ・カールトンホテルやディズニーでも同様の取り組みをされています。

その多くが、感謝の言葉をメッセージカードにしたためて、手渡しをし、それを掲示する形を取られていますが、

今回のコロナ災禍のもとやテレワーク時代には手渡しできなくなります

そんな時に

Team Manager

電子サンクスカードシステム「AWARDポイント」

機能がお役に立ちます。

サンクスカードを大量に発行する企業では、もらったサンクスカードの掲示場所や保管に困られています

電子データにすると保管場所に困りませんし、いつでも好きな時に閲覧可能です。

また、月次や年度で発行した枚数や貰った枚数を集計し、それを表彰する企業も多いですが、その集計の手間は大変です。

それを自動集計し、ランキングするだけではなく、どのようなことで感謝されたり、貢献したかをカテゴライズすることができ、

組織と個人毎のプロフィール(強味と弱味)を把握することができます

デフォルトで13のカテゴリーを持ちます。

スピード対応賞
継続努力賞
仲間をサポート賞
品質向上賞
改善提案賞
改善実行賞
アイデア賞
モチベーションUP賞
敢闘賞
誠実賞
顧客満足賞
目標達成賞
GS浸透賞

また、これらに、「Gold」、「Silver」、「Bronz」というポイントも付与できます。

このAWARDポイントはサンクスカードだけでなく、商談履歴でも付与することができます

営業の新規受注やお客様からの高い評価をいただいた時に、全社員から付与されると

会社やチームへの愛着がわく

と思います。

以下は集計画面となります。

是非、導入をご検討下さい。

 

PAGE TOP